塗装用語集

専門用語を分かりやすく説明

建物部位名称

用語集

あ行か行さ行た行|な行|は行|ま行や行|ら行|わ行|英数字

■ あ行

足場 <あしば>
工事を行う場合に、従業員用の通路等の目的で架設された仮の作業床。
丸太足場や単管足場では落下事故が起こりやすいため、近年は法定足場を使用している場合が多い。

RC <あーるしー>
鉄筋コンクリート造りのこと。

ALC <えーえるしー>
軽量気泡コンクリートの一種。軽量で断熱性・耐火性に優れる。

このページのTOPへ

■ か行

希釈率 <きしゃくりつ>
シンナーや水を加えて塗料を薄める割合のこと。
塗料には希釈率が設定してあり、設定以上に薄めると色が薄くなったりタレを起こしたりする。設定以下で濃く塗ると、作業性が悪くなる。

旧塗膜 <きゅうとまく>
塗り替えの際、下地に残存している古い塗膜のこと。

クラック
亀裂、ひび割れのこと。

ケレン
錆び落としや旧塗膜の除去等の下地調整を行い、塗装面を清浄にすること。clean(クリーン)の転化語。

コーキング材
「シーリング材」と同意。目地等の充填材で、硬化・乾燥しても弾力性があり、水分の侵入を防ぐことができる。

このページのTOPへ

■ さ行

サイディングボード
外壁用の合板。石綿セメント板を基礎的な材料にして工場で加工された不燃外壁材を指すのが一般的。

指触乾燥 <ししょくかんそう>
指で触っても塗料が手に付かない程度の乾燥状態。塗膜の内部は未乾燥であり、この状態で塗装すると、ハガレ・チヂミ等が起こる。

このページのTOPへ

■ た行

耐候制 <たいこうせい>
風雨や太陽光線に対する耐久性のこと。太陽光線中の紫外線等によって塗膜は劣化していくが、塗料の耐候性は塗料中の樹脂の種類によって大部分は決定される。一般に、低い順に「アクリル→ウレタン→シリコーン→ふっ素→無機」とされる。

タッチアップ
補修塗り。部分的に拾い塗りすること。

チョーキング
白亜化とも。顔料(特に「チタン白」)で着色した塗膜の表面が、屋外曝露等で劣化し、粉状になって脱離する現象。

このページのTOPへ

■ ま行

水切り <みずきり>
外壁下部・窓台等の突出している部分の下方につけておく溝。雨水が壁に伝わるのを防ぐ。

無機 <むき>
無機化学あるいは無機化合物の略。塗料についての詳細は「無機くん」のページを参照。

このページのTOPへ

■ や行

養生 <ようじょう>
工事中に既に仕上がった部分を傷つけないよう保護することを指す。ビニールシートや粘着テープ(マスキングテープ)を用いてカバーする。

このページのTOPへ

  • 塗装用語集

会員検索はこちら